2011年02月28日

AKB48秋元才加走ってケジメ新チーム帰って来た

秋元才加走ってケジメ新チーム帰って来た

AKB48秋元才加(22)が27日、東京マラソンで、初フルマラソンを見事完走し、同グループのチームKキャプテンに復帰した。昨年10月、週刊誌でマルチクリエイター広井王子氏(57)を自宅に泊めたことを報道されたため、けじめでキャプテンを辞任していた。また、沿道から声援を送っていた宮沢佐江(20)らメンバー3人と、新ユニット、DiVAでデビューすることも決まった。

泣き虫才加は、うれしくて仕方がなかった。「ゴールにメンバーがいる思いで走ってた。知らない人たちまでが応援してくれて、沿道から流れてきた『会いたかった』には震えちゃった。(前田)敦子とたかみな(高橋みなみ)は、練習着までプレゼントしてくれてました」。苦しい31キロ地点で、梅田彩佳と増田有華に特製ドリンクを手渡されると、もう、泣き顔はクシャクシャだった。

熱愛を完全否定し、キャプテン辞任でけじめをつけても「あれ以来、メールしても秋元(康)先生から返信も電話もなかったんです…」。今年に入り、テレビ番組へのソロ出演が急増しても、心にトゲは刺さったままだった。「苦手なマラソンで自分を変えたい」と決心。42・195キロを走ってみると、座右の銘「自分に負けるな」を掲げた初挑戦は、自分の底力以上に、周囲からの支えを再認識する道のりだった。

「正直、ひねくれて、AKBが自分にとって何なのか考えたときもあった。でも、人の温かみや優しさを、素直に感じられるようになりました」。タイムリミット約6分前の6時間53分53秒。長い時間走ると、心のわだかまりは自然と解けた。

ゴールテープの先には待ち望んでいた秋元康氏からのメールも届いていた。「1歩1歩愚直に進む秋元に感動した。自分で立ち上がり、走りだす。これぞAKB48だ。お帰り。今の君なら皆がついてくる。キャプテンに復帰しろ」。秋元は「きっと私のためを思って無視されているんだと、自分に言い聞かせてました」と漏らし、再び号泣した。

さらに、この日声援していた宮沢、梅田、増田と、4人でDiVAを結成して、4月27日にCDデビューすることも決まった。迷いの消えた秋元の笑みを、真っ赤な夕日がいつまでも温かく照らしていた。

http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20110228-742196.html
2011年2月28日8時45分 「芸能ニュース」
posted by AKB48 画像・写真・壁紙 at 10:42 | Comment(0) | AKB48 ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月26日

ふんわりミニスカで太ももがまぶしいAKB48菊地あやかと仲川遥香が女優に開眼!?

ふんわりミニスカで太ももがまぶしいAKB48菊地あやかと仲川遥香が女優に開眼!?

人気作家・山田悠介のサスペンスホラーを映画化した『×ゲーム(バツゲーム)』。昨年、公開されたこの映画のDVDリリースを記念し、2月24日にタワーレコード渋谷店で発売イベントが行われた。

登壇したのはAKB48の渡り廊下走り隊7の菊地あやかと仲川遥香。イベントには多くのファンが詰めかけ、トークショーが行われた。その後の囲み取材でイベントの感想を聞かれた菊地は「何百人の方が来てくださって嬉しかった」とコメント。緊張はしなかったとも話していた。

一方、かなり緊張した様子の仲川は、イベントが大いに盛り上がったことへの感想を聞かれると「緊張でテンションが上がってたから」と話し、「トークショーだけというイベントはこれまでなかったのですが、みなさん、楽しんでくれたようで良かったです」とホッとした表情を浮かべていた。

また、作品に出演した感想を聞かれた現在17歳の菊地は「役は23歳という設定なのですが、普段も大人っぽく見られるので、自分の外見を生かそうと頑張りました。悔いなくできました」と満足げな笑顔。仲川は「映画では演技が細部まで見られてしまうので、今後はそれを意識しないと、と思いました」と話してから「女優さんという仕事は楽しいので、今後もやっていきたい」と意欲をのぞかせていた。

ちなみに今後、出てみたい作品は「学園モノに出たい。生徒役をやってみたい」と菊地。仲川は「オールマイティにやりたいので、医療モノや学園モノ、戦争ドラマなどいろんな作品に出たい」と回答。目標とする女優は、菊地が戸田恵梨香で、仲川が上戸彩とのことだった。

主演の荒木宏文(D☆DATE)について聞かれると、菊地は「最初はクールな方だと思ったけれど、実際は明るくてお兄ちゃんみたいに優しくて」と褒めまくり。仲川も「本当にお兄さんみたいで、休憩中に寝ていたら、出番のときに起こしてくれたりした」と、きめ細やかな部分についても教えてくれた。

『×ゲーム(バツゲーム)』はハピネットよりリリース中。


http://www.moviecollection.jp/news/detail.html?p=2202
2011年 2月 25日 「MOVIE Collection」
posted by AKB48 画像・写真・壁紙 at 20:56 | Comment(0) | AKB48 ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月24日

AKB48がついにゴールデンタイム進出

AKB、初のゴールデンタイム進出

日本テレビは24日、4月からAKB48にとって初の地上波ゴールデンタイムのレギュラー番組となる「なるほど!ハイスクール」(木曜 後7・00)を放送すると発表した。

昨年5月と10月に特番を放送し好評だった企画で、「ドラム缶で巨大プリンはできるのか」など、素朴な疑問を体を張って実験する知的好奇心バラエティー。4月からの新番組では、ロンドンブーツ1号2号の田村淳を先生役とし、選抜メンバーから20人程度が出演するという。


http://www.daily.co.jp/newsflash/2011/02/24/0003825488.shtml
2011年2月24日 「デイリースポーツonline」
posted by AKB48 画像・写真・壁紙 at 20:15 | Comment(0) | AKB48 ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月23日

AKB48ゴールデン進出も漂う暗雲、モー娘。の二の舞の可能性

モー娘。の二の舞!? AKB48ゴールデン進出も漂う暗雲

AKB48の新譜「桜の木になろう」(キングレコード)が発売初日で65万5,000枚を売り上げる大ヒットとなっている。これは、昨年10月に発売した「Beginner」(56万8000枚)を上回り、初日の売り上げとしては過去最高。「音楽不況」「CDは売れない」と言われて久しいが、AKBの見せる爆発的売れ行きには驚かされるばかりだ。

4月6日には初のオリジナルフルアルバムをリリースすることも決定。いつも通り、劇場盤に封入される券で参加できるメンバー指名個別握手会&写真会も、3日間にわたって開催される。おまけに今回はAKB48のメンバーと研究生だけでなく、SKE48、SDN48、NMB48のメンバー全員が参加する大規模な握手会&写真会になるということも発表された。この仕掛けによって、売上をダブルミリオンに到達させることも夢ではないと言われている。

「これじゃあ、真面目に楽曲でCDを売ろうとしている音楽業界の人間がバカみたいですよね(苦笑)。まあ、彼女たちとの握手や2ショット写真を撮るためにCDを買うファンが何万人もいることは事実ですし、それだけ魅力があるのでしょうが......」(音楽業界関係者)

さらに4月からはゴールデンタイムにレギュラー番組を持つことも明かされた。毎週木曜午後7時からの放送で、タイトルは『なるほど!ハイスクール』(日本テレビ系)。これまで2回、休日夕方枠に単発で放送されてきた同番組だが、視聴率が8〜11%と同時間帯にしては好調だったため、ゴールデン枠への移行とレギュラー化が決定したという。AKBメンバーが体当たりで実験などをし、「面白くてタメになる情報」を伝えるという主旨で、ロンドンブーツ1号2号の田村淳が"先生役"を務める。

しかしアイドルユニットとして絶頂期にあっても、ゴールデン番組で成功する例は稀だ。むしろ飽きられ、消費されるペースを速めてしまうだけという見方もできる。というのも、かつて一世を風靡したモーニング娘。も、日本テレビ系で木曜夜8時〜9時枠にレギュラー番組を任されたものの、視聴率が振るわずグループとしての人気も失速していったという歴史があるのだ。

1998年にメジャーデビューしたモー娘。は、同年9月の3rdシングル「抱いてHOLD ON ME!」(zetima)でオリコンシングルチャート1位を獲得。翌年9月にシングル「LOVEマシーン」が195万枚を売り上げるミリオンセラーとなり、11月には派生ユニット・プッチモニの「ちょこっとLOVE」もミリオンを突破、大ブレイクを果たしたと言える。さらに00年〜01年にかけてもヒット作を飛ばし、映画『モー娘。走る!ピンチランナー』も制作されるなど勢いは止まらない。01年1月末発売の初ベストアルバムはトリプルミリオンに迫る売上を記録した。同時期、派生ユニットのミニモニ。も誕生し、低年齢層のファンから絶大な支持を得ている。

こうした黄金期に、満を持してスタートしたのがゴールデンのレギュラー番組『モー。たいへんでした』である。01年4月に開始した同番組は、モー娘。メンバーが「日本をハッピーにしちゃいます」をテーマにいろいろな事に挑戦する企画を放送した。司会は藤井隆と徳光和夫。だが視聴率は振るわず、早々に打ち切りが検討されるようになってしまう。半年も経てば、モー娘。はほとんど番組に出演しなくなり、代わりのゲストや企画で進行。翌年1月には、「視聴率20%を獲得できなければ3月で打ち切り」という命題を番組内で掲げてさまざまな企画に挑むも、視聴率は1桁台に落ち込んだままで、予告通り3月に番組は終了した。

ちなみに、『モー。たい』も、事前に数回放送された単発番組が好調だったことでレギュラー化が決まったという経緯があった。10年の時を経た今、AKBが二の轍を踏まなければいいのだが......。

http://www.menscyzo.com/2011/02/post_2307.html
2011/02/23 「日刊サイゾー」
posted by AKB48 画像・写真・壁紙 at 18:44 | Comment(0) | AKB48 ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「子供が好きな芸能人」第2位にAKB48

「子どもが好きな芸能人」第1位は嵐、2位はAKB48

玩具メーカーのバンダイが、3歳から12歳までの児童の保護者を対象に行う「バンダイこどもアンケート」のレポートを発表。1500人(男女各750名)に対して「お子様の好きな芸能人は誰ですか?」というテーマで行ったアンケート調査の結果、2位以下を大きく引き離して第1位に選ばれたのは「嵐」。そして第2位は「AKB48」、第3位は「はんにゃ」と続いた。

全体の23.8%の票を獲得し、2位以下に大差をつけて「子供たちの好きな芸能人」首位に選ばれたのは「嵐」。理由について「“かっこよくて、歌も踊りもバラエティもできるところがすごいね!”と子どもながらに感心しています」と、マルチな活躍に対するコメントが多数寄せられた。また、「嵐ファンの兄弟や友人からの影響で興味を持つようになった」という子どもも多いようだ。

また13.9%とこちらも多数の票を集めて2位に選ばれたのはAKB48。「ノリのいいAKB48の曲と踊りをテレビで観るたび、テレビの前まで行き、仁王立ちをしてじーっと観ています」「“きれいなお姉さんがたくさんいる!”と喜んで歌ったり踊ったり楽しそうに真似しています」というコメントがあり、テレビで見せる圧倒的な華やかさが子どもの心をとらえているようす。また「“いつか自分もみんなに元気を分けてあげられる芸能人になりたい”と言っています」との声もあり、AKB48は子どもたちにとって「なりたい」という憧れの存在でもあるようだ。

3位以下にははんにゃ(3位)、オードリー(4位)、志村けん(5位)、楽しんご(6位)、イモトアヤコ(8位)らお笑い芸人が並ぶ結果に。オードリー春日や楽しんごは、子どもたちがモノマネをして遊び、周りを笑わせているというケースが多く、学校の人気者になりたい子どもたちにとってのスターでもあるようだ。また5位の志村けんについては、かつてファンだった親がDVD等を見せたことで子どももファンになっていて、親子2代で人気を獲得している芸人としていまだに存在感を見せている。

調査対象は3歳〜12歳の児童の保護者で、回答は、雑誌、新聞及びインターネット上でのアンケート付きプレゼント企画の応募からランダムに抽出。1,500人の内訳は、男の子750人、女の子750人で、3〜5歳、6〜8歳、9〜12歳のそれぞれ250人のアンケートデータから算出した。

■お子様のすきな芸能人は誰ですか?
<総合>
1位 嵐
2位 AKB48
3位 はんにゃ
4位 オードリー
5位 志村けん
6位 楽しんご
7位 ベッキー
8位 イモトアヤコ
9位 SMAP
10位 佐藤健

<男子>
1位 嵐
2位 AKB48
3位 はんにゃ
4位 オードリー
5位 志村けん
6位 楽しんご
7位 よゐこ
8位 佐藤健
9位 小島よしお
10位 イモトアヤコ

<女子>
1位 嵐
2位 AKB48
3位 はんにゃ
4位 ベッキー
5位 オードリー
6位 志村けん
7位 楽しんご
8位 イモトアヤコ
9位 SMAP
10位 KARA

※複数回答を含む ※個人名は敬称略 ※コンビ・グループに属する個人名での回答は、コンビ・グループ名でまとめて集計。

http://www.oricon.co.jp/news/deview/85102/
2011/02/23 13:00 「Web De-View」
posted by AKB48 画像・写真・壁紙 at 18:30 | Comment(0) | AKB48 ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。