2011年02月28日

AKB48秋元才加走ってケジメ新チーム帰って来た

秋元才加走ってケジメ新チーム帰って来た

AKB48秋元才加(22)が27日、東京マラソンで、初フルマラソンを見事完走し、同グループのチームKキャプテンに復帰した。昨年10月、週刊誌でマルチクリエイター広井王子氏(57)を自宅に泊めたことを報道されたため、けじめでキャプテンを辞任していた。また、沿道から声援を送っていた宮沢佐江(20)らメンバー3人と、新ユニット、DiVAでデビューすることも決まった。

泣き虫才加は、うれしくて仕方がなかった。「ゴールにメンバーがいる思いで走ってた。知らない人たちまでが応援してくれて、沿道から流れてきた『会いたかった』には震えちゃった。(前田)敦子とたかみな(高橋みなみ)は、練習着までプレゼントしてくれてました」。苦しい31キロ地点で、梅田彩佳と増田有華に特製ドリンクを手渡されると、もう、泣き顔はクシャクシャだった。

熱愛を完全否定し、キャプテン辞任でけじめをつけても「あれ以来、メールしても秋元(康)先生から返信も電話もなかったんです…」。今年に入り、テレビ番組へのソロ出演が急増しても、心にトゲは刺さったままだった。「苦手なマラソンで自分を変えたい」と決心。42・195キロを走ってみると、座右の銘「自分に負けるな」を掲げた初挑戦は、自分の底力以上に、周囲からの支えを再認識する道のりだった。

「正直、ひねくれて、AKBが自分にとって何なのか考えたときもあった。でも、人の温かみや優しさを、素直に感じられるようになりました」。タイムリミット約6分前の6時間53分53秒。長い時間走ると、心のわだかまりは自然と解けた。

ゴールテープの先には待ち望んでいた秋元康氏からのメールも届いていた。「1歩1歩愚直に進む秋元に感動した。自分で立ち上がり、走りだす。これぞAKB48だ。お帰り。今の君なら皆がついてくる。キャプテンに復帰しろ」。秋元は「きっと私のためを思って無視されているんだと、自分に言い聞かせてました」と漏らし、再び号泣した。

さらに、この日声援していた宮沢、梅田、増田と、4人でDiVAを結成して、4月27日にCDデビューすることも決まった。迷いの消えた秋元の笑みを、真っ赤な夕日がいつまでも温かく照らしていた。

http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20110228-742196.html
2011年2月28日8時45分 「芸能ニュース」
posted by AKB48 画像・写真・壁紙 at 10:42 | Comment(0) | AKB48 ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。